作業の流れ

商談・前段取りプロセス

打ち合わせから素材入荷まで

打ち合わせから素材入荷まで

  • メールをはじめとしてCAD(2.5D)による形状展開と細部打合せ内容を受注表に盛込み書面にて管理します。
  • TKC戦略販売・購買システムを使用し、営業担当より連絡の回る御見積書を発行及び管理致します。
  • お客様の要求品質を受注表に盛込み加工シュミレーション(3D加工想定プログラム)で検証した加工データを受注表に添付し書面にて管理します。
  • お客様の要望を網羅された受注表をグループ毎に配膳しお客様の要求項目を朝礼にてリーダーを中心に点呼復唱し誤製品作りを未然に防ぎます。
  • 素材の支給確認や購入手配をメール及びファクスを使用して書面にて管理します。
    必要に応じて成分分析表をメーカーに要請します。

素材切断プロセス

素材切断プロセス

打合せにより決定した規格の素材が入荷した事を確認の後、曲げ加工シミュレーションで検証を終えた素材必要長さにお客様に代わり慎重に切断します。

バリ取り端面仕上げプロセス

バリ取り端面仕上げプロセス

切断後、作品化され顧客様のお手元に届き作業が完了するまでの間、不意に管端部で怪我をされない様に、安全を祈念しエンダーバイトでバリや返り等が残らぬよう仕上げます。

エアーブロープロセス

エアーブロープロセス

バリ仕上げ後、作品に異物が残留しないように1本ずつ管内を確認しながらエアーコンプレッサーを用いてエアーブローします。

曲げ加工プロセス

曲げ加工プロセス

エアーブロー終了後、図面と受注表の照合を終えスタンバイしていた担当機種及びオペレーターがお客様ご要望製品精度に満足を得られますように作品作りに誠心誠意取組みます。

仕上げプロセス

仕上げプロセス

曲げ加工により管表面に付着した異物(ごみや油)脱脂材でお客様のお手元に作品が届いた後、作業完了までお手を汚さないように気持ちを込めてふきとります。

養生プロセス

養生プロセス

手の指紋を残さないように製品に配慮しながら仕上げの終わった作品に保護カバーを被せます。

出荷前確認プロセス

出荷前確認プロセス

お客様要求品質を満足しているか自社検査終了後、出荷前のコンテナに格納して多品種の取扱による混入のミスを未然に防ぎます。

彩の国指定工場
元気な企業のコーナーに掲載中
製造業の企業価値向上ポータル